C O T T O N Y A R N

C O L O R  S A M P L E

使用糸のご紹介

綿糸(綿100%)

上糸20番手

下糸30番手

 

ASHOES REPAIR SERVICE では、基本的にこちら画像の綿糸、上糸を20番手、下糸を30番手を使って裾上げを行っています。

 

その理由は、生地の色落ちと共に綿糸の風合いや経年変化(エイジング)を楽しめるディティールを重視したからです。

 

さて、この綿糸の特性を、コア糸やスパン糸などの合成繊維と比較すると、

 

・縮率 綿糸 > コア、スパン糸

・色落 綿糸 > コア、スパン糸

・強度 綿糸 < コア、スパン糸

 

つまり、綿糸はコア、スパン糸よりも、縮み率が高く、色落ちし、強度が弱い。

 

高い縮率は、洗濯を繰り返すことで縮みが発生し、ロープ状の凸凹のうねりを発生させやすくなります。

 

色落ちは、綿糸独特のくすんでゆくニュアンスで、はきこんだデニムに色合い的に馴染んでゆきます。

 

強度に関しては、合成繊維にはかないませんが、風合いを優先して、綿糸を使っております。

 

『アジ』を優先させたとき、合成繊維のコア糸やスパン糸は、天然素材の綿糸には到底かないません。

 

※ さらには、ロープ状のうねり、いわゆるパッカリングを起こす要因には Union Special 43200G というミシンが深くかかわっています。詳しくは Union Special 43200G ページ をご覧ください。

 

※ ご要望があれば、スパン糸(ポリエステル100%)での裾上げも可能です。

綿糸

綿糸のカラーバリエーション(その他黒と白もあります)

© 1995-2019 A and S Trading Co., Ltd.

  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon

亜洲'S リペアサービス

〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-452

Tel 048-782-6627 (12:00-20:00, 火曜定休)

​email support2@ashoes.co.jp