Union Special 43200 G

CHAIN STITCH SEWING MACHINE DEDICATED

UNION SPECIAL MACHINE COMPANY

MADE IN U.S.A

使用ミシンのご紹介

ユニオンスペシャル 43200G というミシンは、裾上げ専用に開発されたチェーンステッチミシンです。通称、日本ではダルマ、アメリカではブルドッグと呼ばれており、知る人ぞ知る名機として有名です。

 

さて、マニアの人たちが求める「ロープ状のうねりによるアタリを発生させる裾」を生み出す張本人がこのユニオンスペシャル社製の43200Gミシンです。その理由はナナメに刺さるニードル(画像参照)と三つ折をガイドするラッパです。

 

縫い方向に対して直角ではなく、ナナメに運針する独自の動きにより、ジーンズの裾口に独特のネジレとシワが発生し、また綿糸と生地による縮率の差から、ロープ状の凹凸が発生し、色落ちの濃淡を作り出すのです。

 

さらには、三つ折りをガイドするラッパによる生地の引っ張りによってもネジレが生じます。これは縫い手によっての癖が大きくかかわっています。引っ張りの力と方向によってねじれの強弱が代わってくるのです。という事は、逆に縫い手の熟練度によっては調節が可能だということもいえます。なので極端にはギュインギュインにねじってくれというリクエストにも答えられますが、程よいのが一番美しいかと。(笑) 

 

なにはともあれ、これらの「裾のアジ出し」にこだわるため、ASHOES REPAIR SERVICE では、ユニオンスペシャル43200Gでの裾上げを行っています。

 

追記

ユニオンスペシャル43200Gは、年代別で、

初期型 (黒)

中期型 (えび茶)

後期型 (アイボリー)
に分かれています。

 

弊社のミシンは初期モデルとなります。

 

裾上げの縫い幅は、裾からステッチまでが約8mm、ヘム幅は約1cmを通常セッティングとしています。

 

© 1995-2019 A and S Trading Co., Ltd.

  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon

亜洲'S リペアサービス

〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-452

Tel 048-782-6627 (12:00-20:00, 火曜定休)

​email support2@ashoes.co.jp